民間住宅ローン&フラット35 利用者の実態調査 (平成23年度 第2回)

民間住宅ローン&フラット35 利用者の実態調査 (平成23年度 第2回)

公開日時: 更新日時:

民間住宅ローン

住宅金融支援機構は、平成23年7月から10月までの間で、民間住宅ローンを借入れた人を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施、その結果を公表した。調査の内容は、主に「住宅ローンの金利タイプ別」や「住宅ローン選びに関する事項」について収集、694件の回答を得た。

金利タイプ 「変動型」の利用者が52.7%に増加

住宅ローンの利用割合を金利タイプ別にみると、変動金利型が前回調査(平成23年3月~平成23年6月)の51.0%から、今回は52.7%に増加している。一方全期間固定型は前回調査(同)の22.7%から19.7%へ減少した。

固定期間選択型(2~10年)は、平成22年7月以降ずっと30%を下回り、今回の調査でも全体の27.5%を占めるに留まった。中でも固定10年タイプは平成20年7~10月時点で全体の28.5%を占める人気ぶりだったが、それ以降徐々に減少し今回は13.7%と後退している。

グラフ:金利タイプ別利用者の割合(借入時)は変動金利型が前回調査(平成23年3月~平成23年6月)の51.0%から、今回は52.7%に増加し、固定型は減少した。

金利タイプを年齢別に見ると、20~40歳代では半数以上の人が変動金利を選択するのに対して、50歳代では「全期間固定」や「固定10年」といった金利が確定されたものを選ぶ傾向が見られ、年齢に応じて選択する金利タイプに特徴が見られた。

グラフ:年齢別の金利タイプでは20~40歳代の半数以上は変動金利を選択し、50歳以上では全期固定や固定10年を選択するなど年齢に応じて特徴がみられた。

ローン選び 住宅ローンを選んだ決め手は”金利の低さ

住宅ローンを選んだ決め手は「金利が低いこと」とする回答が72.3%と圧倒的に多い。次いで「繰上げ返済手数料が安かったこと」が27.4%、「住宅・販売事業者(営業マンなど)に勧められたから」が17.4%の順となっている。

グラフ:住宅ローンを選んだ決め手は金利の低さが圧倒的割合の72.4%だった。

満足度 利用した住宅ローンに総合評価で62.5%が「大いに満足」

民間住宅ローンに対する満足度では、融資額、金利水準、申込みから融資実行までの事務手続き、金融機関の商品説明、住宅販売事業者の情報提供などについて調査。その結果、総合評価で62.5%の人が「大いに満足」または「やや満足」と回答を寄せた。

グラフ:民間住宅ローンに対する満足度では、総合評価の62.5%が大いに満足しているという結果になった。

※総合評価は、融資額、金利水準、申込みから融資実行までの事務手続き、金融機関の商品説明、住宅販売事業者の情報提供などを含めた評価。

フラット35

住宅金融支援機構が行なっているフラット35利用者調査で、このほど平成23年度第2回(平成23年7月~平成23年10月)の利用者像が明らかとなった。インターネットによるアンケート調査でフラット35利用者89件について集計したもの。

ローン選び フラット35を利用した理由は「金利が低い」

フラット35を利用した理由について、「金利が低い」(61.8%)と前回調査より12.2ポイント増えた。次いで全期間固定型住宅ローンの特徴である「金利上昇に備えて将来の返済額を確定」とする回答が55.1%。「フラット35S(優良住宅取得支援制度)を利用したい」が48.3%とベスト3を占めた。以下は「住宅販売会社からの勧め」、「繰上げ返済手数料、保証料がかからない」、「建物の審査がある」などがつづく。

グラフ:フラット35を利用した理由は「金利が低い」が61.8%で、前回調査より増加した。

満足度 総合評価は「大いに満足」+「やや満足」が58.4%

フラット35に対する満足度では、総合評価で「大いに満足」と「やや満足」を合わせて58.4%だった。前回調査と比較して2ポイントプラスした。

項目別では適用金利が低下したことから「金利」についての満足度が、前回調査の「大いに満足」+「やや満足」の38.3%から今回は56.2%と顕著だった。

グラフ:フラット35に対する満足度は総合評価で「大いに満足」と「やや満足」を合わせて58.4%と前回より増加した。特に適用金利の低下により金利水準での満足度が高まった。

※総合評価は、融資額、金利水準、申込みから融資実行までの事務手続き、金融機関の商品説明、住宅販売事業者の情報提供などを含めた評価。

民間住宅ローン 利用予定者編 希望する住宅ローンの金利タイプは?

今後5年以内に住宅を取得し、民間住宅ローンを利用する予定の方を対象にインターネットによるアンケート調査(平成23年10月)を実施。その結果を取りまとめた。
回答が得られた住宅ローン利用予定者1,038件を集計したもの。

「全期間固定型」を希望する割合は、低金利の長期化に伴って平成18年以降は年々減りつづけ、平成23年10月時点で33.4%に減少した。一方「変動型」は増加傾向にあり、今回の調査では31.4%と過去最も高い値を示した。

グラフ:希望する住宅ローンの金利タイプは低金利の長期化に伴い「全期間固定型」を希望する割合が平成18年以降減りつづけ、変動型が増加傾向にある。

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事