2015年度上半期フラット35利用者調査

2015年度上半期 フラット35利用者調査 【住宅金融支援機構】

公開日時: 更新日時:

住宅金融支援機構は11月19日、2015年度上半期(4~9月)の「フラット35利用者調査」の結果を公表した。
同調査は、金融機関から住宅金融支援機構に提出されたフラット35の買取申請について承認したものを対象とし、「フラット35」の借入申込書から集計したもの。

利用者の平均年齢は39.8歳 4年半ぶりに低下 中古住宅の利用割合は増加へ

それによるとフラット35利用者の平均年齢は11年度以降上昇傾向にあって、13年度下半期以降は40歳を超えていたが、15年度上半期は39.8歳と4年半ぶりに低下し、40歳を下回った。

融資区分では、09年下半期を境にマンションの利用割合が減少する中、土地付注文住宅の利用割合が増加、15年度上半期は40歳未満の人は33.4%だった。また中古住宅(戸建て・マンション)の利用割合は12年度以降増加傾向にあり、特に40歳以上の人で中古住宅を利用する割合が高いことが分かった。

年齢

グラフ:フラット35利用者の年齢

融資区分(40歳未満)

グラフ:フラット35利用者の融資区分(40歳未満)

融資区分(40歳以上)

グラフ:フラット35利用者の融資区分(40歳以上)

平均世帯年収は600万円台で推移

フラット35利用者の平均世帯年収(申込本人と収入合算者の合計)は、15年度上半期は610万円となり、14年度下半期とほぼ同水準だった。

世帯年収別には399万円以下が22.4%、400〜599万円が40.1%、600〜799万円が20.0%、800〜999万円が8.8%、1,000万円超が8.7%だった。増加傾向にあった世帯年収399万円未満は、14年度上半期以降低下傾向が見られた。

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事