国土交通省が実施している長期優良住宅建築等計画の認定制度について、長期優良住宅は一定の基準を満たす住宅が税金・住宅ローン金利の優遇を受けられる制度です。静岡県では「一戸建て住宅」で22,626戸が長期優良住宅と認定され、全国で5番目に多い数字となりました。

増税前の分譲住宅市場を探る

公開日時: 更新日時:

長期優良住宅長期優良住宅の認定件数、静岡県は全国第5位!

【国土交通省】運用開始から累計で434,321戸を認定、静岡県は23,320戸。

国土交通省は、平成21年6月から運用している長期優良住宅建築等計画の認定制度について、2013年9月末時点の認定状況を取りまとめ公表した。

それによると制度運用開始からの累計は、一戸建て住宅が421,544戸、共同住宅等が12,777戸で計434,321戸となった。

都道府県別に見ると「一戸建て住宅」では愛知県が47,106戸と最も多く、続いて神奈川県の26,826戸、埼玉県の26,172戸、東京都の24,684戸、静岡県の22,626戸であった。また、「共同住宅等」では東京都の8,164戸、神奈川県の779戸、静岡県の694戸が最も多かった。

グラフ:長期優良住宅建築等計画の認定実績

浜松市は11月末現在で累計5,295戸を認定。今年度は月平均およそ120戸で推移。

浜松市内の長期優良住宅認定件数(戸数)は、11月末現在で制度運用開始からの累計が5,295戸(受理件数5,332戸)となった。

内訳は、「一戸建て住宅」が5,272戸、「共同住宅等」が23戸。構造別では「一戸建て住宅」の木造が2,989戸、鉄骨造が2,239戸、鉄筋コンクリート造が44戸だった。また「共同住宅等」では木造が11戸、鉄骨造が12戸だった。認定件数は今年度に入ってから毎月100戸を超えており着実に増えてきている。

グラフ:浜松市:長期優良住宅認定件数の推移(年度別)

グラフ:浜松市:長期優良住宅認定件数の推移(2013年度・月別)

■ 認定長期優良住宅に対する税の優遇措置
登録免許税
・一般住宅(保存登記 1.5/1000 移転登記 3.0/1000)
・認定長期優良住宅(保存登記 1.0/1000 移転登記 0.2/1000)
不動産取得税
・一般住宅(1200万円控除)
・認定長期優良住宅(1300万円控除)
固定資産税
・一般住宅(戸建:1〜3年目 1/2 軽減)(マンション:1〜5年目 1/2軽減)
・認定長期優良住宅(戸建:1〜5年目 1/2 軽減)(マンション:1〜7年目 1/2軽減)
住宅ローン減税
・一般の住宅(2014年3月31日まで最大200万円)
・認定長期優良住宅(2014年3月31日まで最大300万円)
投資型減税
・認定長期優良住宅(2014年3月31日まで最大50万円)
認定長期優良住宅に対する住宅ローンの供給支援
【フラット35Sの拡充】
・認定長期優良住宅への金利優遇(0.3%金利引き下げ)

長期優良住宅の購入者に税制上のメリット
長期優良住宅は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅のこと。所管行政庁が申請された住宅の建築計画・一定の維持保全計画に対して、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性などの基準に照らして「長期優良住宅建築等計画」として認定する。

認定を受けた住宅は計画に基づき建築・維持保全を行うことになるが、良質な住宅ストックを将来世代に継承することを目的に税制上の各種の優遇措置が設けられている。

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

その他の最新記事