2013年度総合住宅展示場来場者アンケート調査報告では、展示場来場者の平均年収は年々減少傾向にあり、住宅計画に消費税増税が与える影響について「10%になる前に」と回答した人は増加しており、建物価格や仲介手数料を抑えるのが目的である。

総合住宅展示場来場者アンケート 2013年 調査報告

公開日時: 更新日時:

SBSマイホームセンター 浜松展示場 

SBSマイホームセンター 浜松展示場

住宅生産振興財団と住宅展示場協議会は、消費税率が5%から8%へ引き上げられるのを機に“増税後の住宅需要の動向”をみようと、昨年9月末から10月にかけてアンケート調査を実施、このほど調査結果を公表した。
アンケートに答えた大半の来場者は、増税に伴う経過措置 ※ の適用を受けない人と見られ、来場者が何を求め、何を重視し、どのような行動を起こしているのかを中心にまとめている。

※ 13年9月30日までの契約なら増税前の税率5%を適用する措置。

◆総合住宅展示場来場者の年齢
グラフ:総合住宅展示場来場者の年齢
◆平均年収と平均建築予算
グラフ:平均年収と平均建築予算

「住宅ローン控除」と「住まい給付金」に高い関心!

来場者は30歳代が最多、平均年収は下がり続けている

来場者の年代は30代が中心で、近年は20代も増加している。

一方、来場者の平均年収は年々減少し、13年は640万円と過去最低となった。平均年収が減少する中で、建築予算はこの5年間ほとんど変化なく推移している。

住宅計画の実現時期は、税率10%になる前が増加!

住宅計画の実現時期は、消費税率の引き上げの影響が一段落したことを受け、12年に増加した「1年以内」「2年以内」の予定者が今回はそれぞれ25.9%、17.8%と減少した。

また住宅計画に消費税率引き上げが与える影響については、優遇措置への期待もあり「8%になる前に実現したい」という人は、12年に比べ大きく減少。「10%になる前に」は18.3%へと上昇しており、「わからない」も29.0%と増加している。

◆住宅計画の実現時期
グラフ:住宅計画の実現時期

◆住宅計画に消費税引き上げが与える影響
グラフ:住宅計画に消費税引き上げが与える影響

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

その他の最新記事