2014年度第1回の民間住宅ローン利用予定者の実態調査では、希望する金利タイプについて「固定期間選択型」の希望割合が一番多く、その中で今後の金利の見通しを「ほとんど変わらない」と回答した人の割合は40.8%であった。

民間住宅ローン 利用予定者の実態調査(2014年度第1回)

公開日時: 更新日時:

民間住宅ローン

住宅金融支援機構は、民間住宅ローン利用予定者の実態調査で、今後5年以内に住宅を取得する予定の人を対象にインターネットによるアンケート調査(2014年6月)を実施、その結果を取りまとめた。民間住宅ローン利用予定者1,024件を調査対象とした。

希望する金利タイプ 固定期間選択型が増加し、全期間固定型は減少へ!

希望する金利タイプは、前回調査に比べて「固定期間選択型」の希望割合が42.9%(前回38.2%)と4.7ポイント増加した。一方、「変動型」は24.8%と大きな変化はなく、前回増加していた「全期間固定型」は32.3%と前回調査から5.6ポイント低下した。

グラフ:希望する金利タイプ 2014年2月→2014年6月

住宅ローン金利の見通し 全期間固定型は「現状よりも上昇する」が増加!

今後1年間の住宅ローン金利の見通しでは、全体を通して「ほとんど変わらない」とする見方が38.0%で、前回調査から4.9ポイント増加した。金利タイプで見ると全期間固定型は「現状よりも上昇する」が6.5ポイント増加し47.7%に。固定期間選択型や変動型では「ほとんど変わらない」とする見方が増加している。

グラフ:住宅ローン金利の見通し

住宅の買い時意識 「今は買い時だと思う」が42.2%に増加!

グラフ:住宅の買い時意識 今は住宅取得のチャンス(買い時)だと思うか?

住宅の買い時意識では、「今は住宅取得のチャンス(買い時)だと思うか?」との問いに対して、そう思うと回答した人は前回調査の34.0%から今回42.2%に増加した。一方「そうは思わない」と回答した人は、前回の22.4%から今回15.7%に減少した。

今は買い時だと思う理由 (6項目中上位5項目を掲載)

グラフ:住宅の買い時意識 今は買い時だと思う理由(6項目中上位5項目を掲載)

住宅取得に踏み切れない理由 (11項目中上位5項目を掲載)

グラフ:住宅の買い時意識 住宅取得に踏み切れない理由(11項目中上位5項目を掲載)

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事