平成23年度第3次補正予算案にて決まった住宅エコポイント制度の再開では省エネに優れた住宅の普及に重点を置いた 施策で新たに耐震改修工事へのポイント付与も追加となった。

「フラット35S」金利優遇&住宅エコポイント復活!

公開日時: 更新日時:

【フラット35Sエコ】が誕生!
省エネルギー性の優れた住宅を対象に金利引き下げ

「フラット35S」金利引き下げ 当初5年間、被災地は1.0%、被災地以外は0.7%引下げ

9月末で終了していた「フラット35S」の金利引下げ措置が再開される。引き下げ期間は前回の当初10年間から5年間に圧縮され、引き下げ幅も東日本大震災の復興に資する観点から、被災地においては1.0%、被災地以外の地域においては0.7%とした。6~10年目(長期優良住宅など特に性能が優れた住宅は6~20年目)の金利引き下げ幅は従来どおりの0.3%としている。

前年同月比の消費者物価指数

また今回からは、適用対象を省エネルギー性の優れた住宅に限定して、「フラット35」Sエコを新たに誕生させた。従来の「フラット35」Sは、本来の金利引き下げ幅0.3%に戻し、名称も「フラット35」Sエコと区別するため「フラット35」Sベーシックと改名した。

金利プランでは「フラット35」Sエコ、「フラット35」SベーシックともにAプランとBプラン(図表参照)を設け、工事の内容に応じて金利の優遇期間に幅を持たせている。(金利引き下げ効果は次ページ)

「フラット35」Sエコと「フラット35」Sベーシックの金利引下げ幅

「フラット35」Sエコと「フラット35」Sベーシックの金利プラン

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事