平成23年度第3次補正予算案にて決まった住宅エコポイント制度の再開では省エネに優れた住宅の普及に重点を置いた 施策で新たに耐震改修工事へのポイント付与も追加となった。

「フラット35S」金利優遇&住宅エコポイント復活!

公開日時: 更新日時:

【フラット35】S金利引き下げ・お得度チェック!
フラット35Sエコ対応がポイントに!

フラット35Sエコ 当初5年間金利0.7%引下げで年1.5%に!

では、今回の金利引き下げでどの程度のメリットが得られるのか、被災地以外のケースで見てみよう。
「フラット35」の11月現在の金利水準は下記のとおり。全国の取扱金融機関で提供している金利で最も多いのは、借入れ期間20年以下の場合で1.91%。21年以上35年以下では2.20%だ。

【フラット35】の金利水準の金利で最も多いのは、借入れ期間20年以下の場合で1.91%。21年以上35年以下では2.20%

仮に借入額3,000万円、借入期間35年を元利均等返済で借入れた場合を試算してみよう。フラット35Sエコ(金利Aプラン)の場合は、金利引き下げによって当初5年間の金利は1.50%(2.20%-0.7%)、6年目以降20年目までは1.90%(2.20%-0.3%)だ。また同(金利Bプラン)の場合なら、当初5年間の金利は同じだが6年目以降10年目までが1.9%となり引下げ期間が短縮される。試算結果は図表のとおりだ。

【被災地以外のケース】借入額3,000万円、借入期間35年を元利均等返済で借入れた場合を試算

3,000万円の借り入れで総返済額221万円のお得!

一般の「フラット35」の場合は、全期間を通じて金利は2.20%で、35年間の総返済額はおよそ4,304万円。フラット35Sエコ(金利Aプラン)なら総返済額はおよそ4,082万円で、221万円もお得になる。住宅の要件が緩和されるフラット35Sエコ(金利Bプラン)の場合でも、およそ157万円もお得になる計算だ。資金計画に余裕があり、借入額を低く押さえられるなら返済期間20年以下がオススメ。これなら金利はさらに低くお得度もグンと増す。

現在、民間ローンで人気沸騰中の変動金利(1%前後)と比較すると、悩ましいところだが、超低金利時代の今、長期固定金利で返済額が確定された「フラット35」Sエコなら安心感も高いといえるだろう。

フラット35 Sの金利引き下げメリット

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事