中古マンションや中古戸建ての購入を決めたら必ず頼ることになるのが不動産会社。数ある不動産会社の中からどこを選べば間違いないのかポイントをおさえ最適な不動産会社選びと物件購入をしましょう。

中古マンション・中古一戸建てを買う場合

公開日時: 更新日時:

不動産会社の見つけ方 ~中古マンション・中古一戸建て購入

不動産会社のサポートは欠かせない

中古マンション・中古一戸建ての購入を検討するほとんどの買主様が最初に起こすアクションは、インターネットを使った情報収集です。

不動産賃貸の情報ほどではありませんが、インターネット上には不動産売買の物件情報も充実してきています。とはいえ、売買の対象となる中古物件の中には売主様が居住中のために内観写真を公開していない物件もあります。
インターネット上である程度の情報を検索することは可能ですが、これから購入する物件はやはり自分の目で確かめておきたいですよね。

売買交渉時のカギは不動産会社担当者の知識とスキル

賃貸物件とは違い、これから購入するかもしれない物件の見学に妥協はできません。物件を扱う不動産会社や担当者には買主様の疑問に答えられる知識やフットワークの軽さが求められます。内覧をきっかけに買主様との接点ができた不動産会社が、買主様へのヒアリング結果を反映して他の物件を案内することもあるからです。

また、購入の段階になれば売主様や金融機関との交渉に入ります。交渉に当たる不動産会社の担当者に専門的な知識や豊富な経験があれば、無駄な時間や出費を避けることができます。
その後も税金やリフォーム・リノベーションなど、買主様にとって馴染みの薄い分野で情報収集や判断をしなければなりません。満足度の高い売買契約を実現させるためには、知識と経験が豊富な不動産業者にサポートしてもらえると心強いものです。

不動産会社の取引形態

中古マンション・中古一戸建ての取得でよい結果を出すためには、パートナーとなる不動産会社の選択が重要です。まずは基本知識として不動産会社の3つの取引形態を知っておきましょう。

中古マンション・中古一戸建てを購入する際、ほとんどの場合不動産会社を利用するでしょう。不動産会社の選択は大変重要な上、3つの取引形態(取引態様)があります。それぞれの違いを把握してメリット・デメリットを考えておくことも必要です。

不動産会社が仲介

買主様と売主様の仲介をする形態です。売買契約が成立した場合、買主様と売主様の双方が仲介手数料を支払います。

不動産会社が売主

不動産会社が自社物件を販売する形態です。自社で手掛けた新築マンションや建売住宅、分譲地などを販売するので、不動産会社の立場は売主となります。
この形態では売買契約が成立したとき、買主様が売主の不動産会社に手数料を支払うことはありません。

不動産会社が代理

個人等の売主様の依頼を受け、販売活動から契約の手続きまで行う形態です。
この形態で売買契約が成立した場合、買主様には手数料が発生しないケースが一般的です。

不動産会社の得意分野

不動産会社にはそれぞれ得意な分野があります。
買主様にとってベストな不動産会社と出会うためにも、不動産会社の特徴と得意ジャンルを知っておきましょう。

中古物件の売買仲介が得意

買主様の住まい探しをサポートするとともに、売主様の依頼を受けて売却を目指します。

マンション・一戸建ての販売が得意

中古マンションや一戸建てを仕入れ、場合によってはリフォームを施し、売主として転売します。

賃貸物件の仲介が得意

アパートや賃貸マンションを探している借主様をサポートし、オーナーである貸主様の入居者募集を担います。

賃貸管理が得意

賃貸物件の管理を得意とする不動産会社です。

その他、投資用不動産の売買を中心に手掛けたり、テナント募集で力を発揮したりする不動産会社もあります。

売買仲介が得意な不動産会社を見つけること

中古マンション・中古戸建ての購入を検討しているなら、中古物件の売買仲介を主業務とする不動産会社を選ぶべきです。賃貸仲介専門の会社に相談してもよい結果は望めません。
売買仲介を得意としているなら仲介の依頼件数も多く、数多くの物件情報を持っています。

不動産会社がどのジャンルを得意としているのかは、ホームページや看板などを見れば分かります
ただ、賃貸仲介を行っている会社だから、売買仲介を依頼しない方がよいということはありません。事業規模が大きく人材が豊富で、複数のジャンルで実績を残している不動産会社はいくらでもあります。

不動産会社の得意エリア

不動産会社には得意とするエリアを持つタイプの会社もあります。その会社のホームページなどで物件情報をチェックすれば、傾向が分かります。
中古マンション・中古一戸建てを探すエリアが決まったら、その地域に強い不動産会社を探しましょう。紹介してもらえる物件数が多いだけではなく、その物件の状態などの詳しい情報が手に入るからです。

不動産会社に差が出るのは担当者の買主様へのヒアリング能力や、買主様の信頼に応えるためにプラス・アルファの情報を提供できるかどうかです。

中古物件の情報は2次広告という不動産情報ネットワークのデータベースにほぼ一元化されており、不動産流通機構に加盟する不動産会社であればアクセスが可能だからです。静岡県を含む中部圏エリアの二次広告の業者に加盟している不動産会社がほとんどでしょう。

まとめ

中古マンション・中古一戸建てを賢く購入するためには、不動産会社の得意分野や得意エリアを抑えることが大切です。ぜひ、ベスト・パートナーとなる不動産会社と担当者を見つけ、物件探しを成功させてください。
私たち静岡セキスイハイム不動産が運営する「しずなび」では、静岡県内の不動産に特化しております。勿論、二次広告物件にもご対応いたしますので中古マンションや中古一戸建てなどの購入をご検討されておりましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

不動産会社の選び方の最新記事