2015年第1回民間住宅ローン利用者の実態調査

民間住宅ローン 利用者の実態調査(2015年度第1回)

公開日時: 更新日時:

民間住宅ローン

住宅金融支援機構はこのほど、2015年3月から2015年6月までの間で、民間住宅ローンを借入れた人を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施、その結果を公表した。調査の内容は「利用した住宅ローンの金利タイプ」や「住宅ローン選びに関する事項」について収集、1,009件の回答を得た。

金利タイプ 「全期間固定型」の利用割合は38.0%と増加、「変動型」は減少。

「全期間固定型」の利用割合は、38.0%と前回調査の27.1%から大幅に増加した。
一方、変動金利型は35.8%(前回調査41.7%)と減少。固定期間選択型も26.3%(前回調査31.3%)と減少した。金利が最低水準にあるなか、将来の金利上昇を見据えた動きが見られる結果だった。

■ 金利タイプ別利用者の割合(借入時)
グラフ:金利タイプ別利用者の割合(借入時) 変動型/固定期間選択型/全期間固定(フラット35以外)/全期間固定

【借入先別】都銀・信託、地銀、信金で「変動型」から「固定」への動き!

金利タイプを借入先別で見ると、都銀・信託銀行をはじめ、地銀や信金で「変動型」や「固定期間選択型」から「全期間固定型」へシフトする動きが見られた。

一方、労金やJAバンクでは全期間固定型への動きは見られず、「固定期間選択型」が減少した分、「変動型」が増加するという結果だった。

■ 借入先別の金利タイプ
グラフ:借入先別の金利タイプ 都銀・信託 地方銀行 信用金庫 労働金庫 JAバンク

【年齢別】「全期間固定型」の利用割合は20歳代で半数強の54.4%。

住宅ローンの利用状況を年齢別にみると、今回はすべての世代で「全期間固定型」の利用者が増加した。中でも20歳代では54.4%と前回調査の28.3%を大きく上回った。また20歳代では「固定期間選択型」(17.1%)や「変動型」(28.3%)と利用割合が他世代に比べ最も少なかった。

一方、50歳代では「全期間固定型」と「変動型」の利用割合がともに約4割を占めた。

比較的人気の高い固定10年は、いずれの世代でも減少した。

■ 年齢別の金利タイプ
グラフ:年齢別の金利タイプ

【比較検討した金利タイプ】「変動型」が大幅に減少し「全期間固定型」が増加!

住宅ローンの借入にあたって比較検討した住宅ローンの金利タイプでは、全期間固定型が前回調査の24.1%から今回は33.6%と大幅に増加した。固定期間選択型は総じて減少するなか、変動型は前回調査の31.2%から15.4%へ大幅に減少した。「比較検討した住宅ローンはない」とする回答は前回調査の37.1%から47.5%に増加した。

■ 住宅ローンの借入にあたって比較検討した住宅ローンの金利タイプ
 最終的に選択した金利タイプが全期間固定型、固定期間選択型、変動型いずれであっても全体として見た場合

グラフ:住宅ローンの借入にあたって比較検討した住宅ローンの金利タイプ

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事