2015年度第2回民間住宅ローン利用者の実態調査では、金利タイプを借り入れ先別で見ると、都銀・信託銀行では「全期間固定型」が前回調査の48.9%から37.3%へと減少し、「変動型」は前回調査の30.1%から38.2%と増加した。借り入れ先の銀行・人気の金利タイプを知ることで住宅ローン選び時の参考になります。

民間住宅ローン 利用者の実態調査(2015年度第2回)

公開日時: 更新日時:

金利見通し 今後1年間は「ほとんど変わらない」が全体で増加!

今後1年間の住宅ローン金利の見通しをみると、全体では「ほとんど変わらない」とする見方が前回調査の50.6%から2.4ポイント増加し53.0%と過半を占めた。

金利タイプ別にみると、「現状よりも上昇する」が全期間固定型で前回調査の31.9%から39.7%に増加し、変動型では前回調査の26.3%から22.5%に減少した。

■ 今後1年間の住宅ローン金利見通し(金利タイプ別)
グラフ:今後1年間の住宅ローン金利見通し(金利タイプ別)

金利上昇への対応 金利負担が大きくなれば「繰上げ返済」または「借換え」が増加!

金利上昇に伴う返済額増加への対応については、固定期間選択型で「一部繰上げ返済する」が前回同様35%を占めた。また変動型でも「一部繰上げ返済する」が前回調査の26.9%から30.7%に増加した。

「金利負担が大きくなれば、全額完済する」とする回答は、固定期間選択型で前回調査の26.0%から14.6%に減少し、代わって「借換する」が前回調査の6.8%から12.1%に増加した。

■ 金利上昇に伴う返済額増加への対応(固定期間選択型・変動型の利用者)
グラフ:金利上昇に伴う返済額増加への対応(固定期間選択型・変動型の利用者)

ローン選び 住宅ローンを選んだ決め手は、「金利が低い」が64.6%と圧倒的

利用した住宅ローンを選んだ決め手は「金利が低いこと」とする回答が64.6%と圧倒的に多かった。「将来の返済額を確定しておきたかった」は11.3%で前回調査の3番目から6番目に低下した。

「住宅販売会社に勧められた」「繰上げ返済手数料が安い」「融資手数料、団信保険料が安い」「保証料が安い」ことなどがともに上位を占めた。

グラフ:利用した住宅ローンを選んだ決め手

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事