2013年度第1回民間住宅ローン利用予定者の実態調査では、住宅購入時に特に重視するもので「耐震性能」が最多を示しており、「価格・費用」と「耐久性」も多く災害耐性を重視している様子が窺えた。立地については、「地盤が強固な土地」「内陸部」に対する思いが多く、災害などに対する安全性を重視する傾向が見られた。

民間住宅ローン 利用予定者の実態調査(2013年度第1回)

公開日時: 更新日時:

民間住宅ローン

住宅金融支援機構は、民間住宅ローン利用予定者の実態調査で、今後5年以内に住宅を取得する予定の人を対象にインターネットによるアンケート調査(2013年6月)を実施。その結果を取りまとめた。民間住宅ローン利用予定者1,041件を調査対象とした。

希望する金利タイプ 変動型が減少し、固定期間選択型が増加へ!

金利の先高観を警戒して変動型は今年2月時点の29.4%から6月は24.8%に減少、代わって固定期間選択型を希望する人の割合が34.4%から39.2%に増加した。一方、全期間固定型はほぼ横ばいの水準となっている。

グラフ:希望する金利タイプ 2013年2月→2013年6月

住宅ローン金利の見通し 全タイプで「現状よりも上昇する」が増加!

今後1年間の住宅ローン金利見通しは、全体で「現状よりも上昇する」が前回調査に比べ増加した一方、「ほとんど変わらない」「見当がつかない」とする回答は減少した。金利タイプ別ではすべての金利タイプで同様の結果となった。

グラフ:住宅ローン金利の見通し

住宅の買い時意識 全タイプで「現状よりも上昇する」が増加!

住宅の買い時意識では、「今は住宅取得のチャンス(買い時)だと思うか?」との問いに対して、そう思うと回答した人は前回調査の55.5%から今回47.2%に減少した。一方「分からない」「そうは思わない」はそれぞれ増加している。

グラフ:住宅の買い時意識 今は買い時だと思う理由と住宅取得に踏み切れない理由

編集協力 静岡情報通信

この記事がお役立ちになりましたら、お知り合いにもシェアしてください。
  • しずなび不動産コラムをfacebookでシェア
  • しずなび不動産コラムをTwitterでシェア
  • しずなび不動産コラムのLINE公式アカウント
  • しずなび不動産コラムをメールでシェア
もっと不動産について知りたい方は、
『しずなび』までお気軽にお問い合わせください。
0120-926-255 来店予約をする

受付時間/9:30〜18:00(土日祝も営業)

住宅ローンの最新記事